初心者へ株の始め方とその流れ②

【株を売却しよう】

購入した株の株価が上がったら、利益を得るために売却してみましょう。

売却のタイミングは人それぞれなので正解はありません。

自分の目標としていた額になったら売るのが一般的でしょう。

逆に、株価がマイナスになって損が出た時もこれ以上損失を出さないように売却することもあります。

それを損切りといいますが、損切りのタイミングは大変難しいため、自分で決めた金額まで損失が生じたら売却することが大事です。

【取引成立】

株の売買をして、取引が成立することを「約定」といいます。

ネット証券の場合は取引が成立した時点で約定したことをメールでお知らせしてくれるところがほとんどです。

またネット上で自分で確認することもできます。

もちろん取引が成立しないこともあります。

自分がこの値段で買いたい(売りたい)と注文を出した場合(指値注文)、それよりいい条件での注文を他に出した人がいたり、どの値段でもいいから買いたい(売りたい)という注文(成行注文)が別に入ったらその人の注文で取引が成立するためです。

【いよいよ入金】

株を売却して取引が成立したら、口座に入金されます。

出金指示を出して自分の銀行口座にお金を入れましょう。

出金指示はネット証券の場合はサイト上で行うことができます。

ですが、取引成立後すぐに出金指示を出しても即日入金されるわけではありません。

実際には約定日から3営業日かかることになり、3営業日後を受渡日として口座に振り込まれます。

土日が挟まるとさらに時間がかかるため注意しましょう。

もちろん出金指示を出さず、そのお金を使って更に投資を行うこともできますし、一部を出金して好きなことに使うこともできます。

自分のライフスタイルに合わせて入出金を行いましょう。

【番外編・株主配当について】

株主にとって配当金や株主優待は楽しみのひとつでもあります。

一般的に配当金は株主総会の終了後に支払われます。

3月が決算の会社の場合は、株主総会が行われるのは4~7月ごろになるため、その頃に支払われると考えてよいでしょう。

ただし、会社ごとに異なるため詳しく知りたい場合は個々に問い合わせが必要となります。

株主優待についても決算後、権利が確定してから2~3か月後にもらえることが多いようです。

種類はさまざまで、自社の商品券やサービス券から自社で製造している食品の詰め合わせなどがあります。

フルーツなど季節ものはその旬に届くこともあります。