初心者が株の売買を始める前の準備

いよいよ投資を始めてみようと思った時に、資金はいくら必要なのでしょうか。

また、株取引の口座、売り時買い時など、株のお金にまつわる疑問は初心者にはつきものです。

しっかりと知識を蓄えてから投資に挑戦しましょう。

チャート

【投資を始める際の最低限の資金】

株式投資でしっかり稼ぎたい、という人はやはりそれなりの軍資金は必要になってきます。

ですが、初心者の中には年収が少ないゆえに株で稼ぎたいという人もいます。

投資資金の目安は年収で変わってきます。

例えば年収300万円程度の人だと、一般的には年収の1割程度が自由に使えるお金(余裕資金)とされています。

余裕資金は約30万円ですが、そのすべてを投資に回すわけにはいきません。

急な資金が必要なための貯金などに回す分も必要です。

それを考えると大体10~15万円が投資に回せるお金と考えてよいでしょう。

投資家のトレンドとして10万円以下で購入可能な「10万円株」を使いこなしている人が増えています。

軍資金が少ない人でも10万円以下の株を2種類購入し、ひとつを中長期型で保有し、もうひとつを効率よく売却して儲けを出すという方法もあります。

また10万円株は購入可能な銘柄も多く、1万円から始められるミニ株や単元未満株なども含まれます。

ただし、ミニ株などはそもそもの投資額が少ないため大きく利益を出すことは難しいでしょう。

やはりじっくりと株を楽しむのならば100万円株でしょう。

株が跳ね上がった時に売却をすれば大きなリターンを得ることができます。

8cefc94c5ee5650a6e3faa8b377b32ff_s

【口座開設~売買のポイント】

株を始めるとなったら、口座の開設が必要です。

口座は証券会社の窓口で開設するか、ネット証券の場合はインターネット上で手続きが可能です。

口座の開設には約1週間ほどかかりますが、ネット証券の場合は2~3日のところが多く、最短では即日というところもあります(ただし、営業日や時間帯によります)。

開設可能な口座には一般口座・特定口座(源泉徴収あり・なし)の3種類ありますが、初心者は確定申告が不要な特定口座(源泉徴収あり)を選ぶのがオススメです。

また、口座にも証券会社ごとに特徴があり、手数料が一定料金まで無料であったり、自社のショッピングに使えるポイントをもらえたり、メルマガで投資に関する有益な情報が送られたり、IPO(未公開株)の当選確率が上がるなどさまざまです。

その中でも、SBI証券・楽天証券・カブドットコム証券・松井証券はとくに人気です。

口座を開設したら、メルマガなどを駆使し、どの銘柄が買い時・売り時なのかを見極めましょう。

初心者が取引前に知っておきたい株の基礎知識

実際に株の投資を初心者が行うにあたって、最低限知っておきたいポイントがいくつかあります。

投資を行う前に必ず押さえておきましょう。

【株とはどういう仕組みなのか】

「株」の定義をはっきりと答えられる人は少ないのではないでしょうか。

簡単にいうと「会社を経営するために、(株主から)集めた資金の証明」が株の正体なのです。

会社を経営するには資金が必要です。

その資金を出してくれる人が株主で、株主から集めたお金を元手に経営を行い業績を上げることが会社のいちばんの目的となります。

では、なぜ株価は変動を繰り返すのでしょう?それは簡単で「市場の影響を受ける」からです。

業績が良ければ配当金が出ますし、悪ければ倒産の危機にもなってしまいます。

株主は当然業績のいい会社の株を欲しがります。

欲しがる人が多ければ、自然と値段は上がりますし、業績が悪くて欲しがる人がいなければ株価は下がるのです。

【株取引にかかる諸費用について】

株には売買手数料が発生しますが、実はそのほかにも諸経費がかかります。

株を始めるときに口座を開設しますが、口座管理費が年間数百円程度かかります(ネット証券はおおむね無料のところが多いです)。

そして忘れてはいけないのが税金です。

株の売却益や配当金は当然税金がかかり、税率は20%です。

口座開設時に特定口座(源泉徴収あり)を選んだ人は既に税金を差し引いて支払われているため、確定申告の必要はありません。

チャート

【株価チャートを理解してこそトレーダー】

初心者が初めてそれを目にしても一体何を指しているのかわからない…そんな印象があるのが株価チャートですが、しっかり覚えておきましょう。

チャートの中に、ろうそくの絵のようなものがありますがこれを「ローソク足」と呼びます。

白いローソク足と黒いローソク足がありますが、白いローソク足のいちばん下は始値(1日であれば、その日の最初の株価)、いちばん上は終値(その日の終わりの値段)、上下にヒゲと呼ばれる線がありますが、下のヒゲは安値(その日の中でいちばん安い値がついた)、上のヒゲは高値(いちばん高い値段がついた)と呼びます。

逆に黒いローソクは下が終値となっており、期間内に株価が下がったことを意味します。

ローソク足の動きで売り時か買い時かを判断することができます。

ローソクやヒゲが長かったり全くヒゲがなかったり、ヒゲしかないときもあります。

簡単にいえば、株価が上昇したことを表す白ローソクは買い時、下落した黒ローソクは売り時と判断してよいでしょう。

また値段の上下が少ない時は様子見、ローソクがなく十字になった時は転換を表します。